Kふぁーむ職場社会見学

日 時
2015年6月5日(金)10:15〜13:40
参加者
福島県立あぶくま養護学校安積分校中学部 生徒14名(3年生8名・2年生3名・1年生3名)、教員11名[計25名]
場 所
Kふぁーむ

福島県立あぶくま養護学校安積分校中学部の生徒さんが、Kふぁーむで活躍される障害をお持ちの方の仕事風景を見学し、実際に作業を体験することで「働く」ということへの感心を高めることを目的とし職場社会見学・職業体験に訪れました。

Kふぁーむの仕事を体験しよう

まず初めにKふぁーむの紹介を兼ね、子どもたちと一緒に農場内の散策をしました。その開放的な景色に心躍らせながら足を進める子や、初めて訪れる場所や見慣れない動物達に戸惑いを感じ、雰囲気に慣れるまで座り込んでしまう子など様々な個性を持つこどもたち。その後の動物とふれあいではポニーやヤギを撫でたり草を与えたりと、思い思いに動物との時間を過ごしました。動物に少しずつ心を開き優しく接している姿が印象的でした。
その後、ビーボの作業所に移り、たまご洗浄やニワトリの餌作り(ニラを細かく切る作業)の様子を見学しました。仕事の体験ではスタッフからの話をよく聞き、教えられたとおりに作業に励む子どもたち。たまご洗浄では丁寧に洗うことで徐々に汚れが落ち、少しずつ綺麗になっていく様子に喜びを感じ、笑顔がこぼれる瞬間もありました。ここでの作業は集中力や手先の器用さが求められるものでありますが、子どもたちは作業を繰り返し行うことでコツを掴み、洗浄作業や餌作りを上手に行うことが出来ました。
精神障害者との共同作業では厩舎の清掃や畑の除草作業を体験しました。厩舎の清掃は子どもたちが一番楽しみにしていた仕事のようです。大きなスコップを器用に使い、集めた藁や糞を一輪の手押し車に積み上げ集積場まで上手に運んでくれました。厩舎内のにおいにも嫌な顔ひとつせず熱心に取り組み、新しい藁を敷き終えて綺麗になった厩舎を嬉しそうに見つめる子どもたちの表情が印象的でした。

挑戦してみる。そこから自分の得意なこと、やりたいことを見つける。

農場の仕事には力が必要なもの、器用さが必要なもの、集中力や忍耐力が必要なものなど様々な仕事があります。今回の職業体験では卵洗浄・鶏の餌作り・厩舎の掃除・除草作業・動物とのふれあい(給餌)を体験し、最初から最後まで熱心に取り組めるものや作業途中で飽きてしまうもの、慣れることで上手に出来るようになるもの、苦手な作業で取り組むことが難しいものなどがあることを知ることで、将来自分の得意分野を活かせる仕事を見つけるための、きっかけを提供することが出来ました。また、作業の中でこぼれた子どもたちの笑顔や熱心に取り組む姿勢から、"やりがい"と出会うことによって、「働く」ことに対する興味関心を持つことが出来る機会となったと感じました。

一覧へもどる

Kふぁーむの施設

  • リストランテ Torrente Bianco トレンテ ビアンコ
  • ログハウス フォレスタ Foresta
  • バーベキューハウス カルネ Carne
  • しらさわ有寿園
  • 交流・活動スペース カサーレ Casale
  • 多機能支援センター ビーボ Vivo
  • 学習施設 ルーチェ Luce
  • 太陽光発電事業 ふぁーむ・デル・ソーレ Farm del sole
  • 「新しい東北」先導モデル事業
  • 平成26年度「新しい東北」先導モデル事業 活動報告の一覧
  • 平成25年度「新しい東北」先導モデル事業 活動報告の一覧
  • お知らせ
  • スタッフブログ

お問い合わせ

  • Kふぁーむでできること
  • 施設のごあんない Kふぁーむマップ
  • みんながおいしく食べるための わたしたちのこだわり
  • Kふぁーむまでのアクセス
  • Kふぁーむのこだわりをご家庭におとどけ 手をつくす農業
  • Kふぁーむの日常 facebook

ページの先頭へ

Kふぁーむ(チルコロ共生事業事務局) 〒969-1205 福島県本宮市和田字戸ノ内158-8 TEL : 080-2801-0412(平日 8:30から17:00)