こころのスキルアップ研修1

日 時
2013年12月2日(月)
参加者
安積中学校2年生[149名・5クラス]
場 所
安積中学校

郡山市立安積中学校から、心の健康について専門医の先生の話を聞き、こころのスキルアップ・トレーニングを学びたい、という要望があり、中学2年生全員を対象に校舎内ホールにて、心のケア学習「心の健康~こころのスキルアップトレーニング~」と題して講演を行いました。講師には、アイ・キャン理事長で精神科医の佐久間啓先生、認知行動療法教育研究会(※)の髙橋チカ子先生をお招きしました。
(※独立行政法人国立精神・神経医療研究センター・認知行動療法センター長の大野裕先生を中心とする研究グループ)

前半の30分、佐久間先生より「こころの健康について考えてみよう」として、ストレスとは何か、ストレスが続くと心身ともにどのような不調が生じるかご説明がありました。ストレスが大きくなると、記憶力が低下したり、血糖値が上がる、免疫機能が低下するなど、人間の脳と心と身体は一体であることをお話されました。また、うつ病についてもお話があり、心の病では神経のバランスが崩れている場合が多いことをご説明されました。ストレスを感じたら、楽しいことをしたり運動したり、心の持ち方を変える・思考のあり方をプラスに考える癖をつけることをアドバイスされました。
後半の30分は、髙橋先生より「こころのスキルアップ・トレーニング」と題して、佐久間先生のお話にもあった「前向きに考える」という方法について、認知行動療法の手法を役立ててもらおうという視点で、中学生向けに分かりやすくお話がありました。マラソン大会の給水所でもらうコップの水の量や、携帯電話の返信がないことに対する反応などの例をとって、気分と考えはつながっていて、考え方を整理するトレーニングをすれば、つらい気分を和らげることができる、ということをお話しされました。中学生にもあてはまる身近な実例を元にお話されたことで、とてもわかりやすく伝わったのではないでしょうか。アンケートには、「自分の考え方を変えようと思えた」「これからポジティブに生きようと思った」などの感想も寄せられました。
生徒たち・教職員とも専門家に話を聞く機会は貴重だということで、このような機会が次年度以降も継続できればと考えています。

一覧へもどる

Kふぁーむの施設

  • リストランテ Torrente Bianco トレンテ ビアンコ
  • ログハウス フォレスタ Foresta
  • バーベキューハウス カルネ Carne
  • しらさわ有寿園
  • 交流・活動スペース カサーレ Casale
  • 多機能支援センター ビーボ Vivo
  • 学習施設 ルーチェ Luce
  • 太陽光発電事業 ふぁーむ・デル・ソーレ Farm del sole
  • 「新しい東北」先導モデル事業
  • 平成26年度「新しい東北」先導モデル事業 活動報告の一覧
  • 平成25年度「新しい東北」先導モデル事業 活動報告の一覧
  • お知らせ
  • スタッフブログ

お問い合わせ

  • Kふぁーむでできること
  • 施設のごあんない Kふぁーむマップ
  • みんながおいしく食べるための わたしたちのこだわり
  • Kふぁーむまでのアクセス
  • Kふぁーむのこだわりをご家庭におとどけ 手をつくす農業
  • Kふぁーむの日常 facebook

ページの先頭へ

Kふぁーむ(チルコロ共生事業事務局) 〒969-1205 福島県本宮市和田字戸ノ内158-8 TEL : 080-2801-0412(平日 8:30から17:00)